読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blowin' in the Wind

~ memorandum ~

複数バージョン共存可能なRails環境の構築

目的

  • Ruby環境はrbenvを使用し、複数のバージョンを切替え可能とする。
  • Bundlerを使用し、Railsをローカルディレクトリにインストールし、複数のバージョンのRailsプロジェクトの作成、共存を可能とする。

Rubyのインストール

rbenv とは

Rubyを管理するツール。複数バージョンのRubyの管理/切替えができる。

rbenvのインストール

Homebrewでインストール実施。

 (Xcodeインストール -> Command Line Tools for Xcodeインストール -> Homebrewインストール済)

  • 最新パッケージリスト取得
    $ brew update
  • rbenvのインストール
    $ brew install rbenv
  • バージョンを確認
    $ rbenv -v
    rbenv 1.0.0

尚、ruby-build(rubyをビルドインするプラグイン)は、rbenvインストールでインストール済み。インストールする場合は、以下。(インストール済みの場合は、already installedと表示。

  • ruby-buildのインストール
    $ brew install ruby-build
  • バージョンを確認
    ruby-build --version
    ruby-build 20160602

PATHを通す

ターミナルへrbenvを使用するためのPATH設定を行う。

$ touch ~/.bash_profile

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

$ source ~/.bash_profile

最新のRubyをインストールする

rbenvからインストール可能なRubyのバージョンを確認

$ rbenv install -l

最新が 2.3.1 であることを確認。

現状MacBookにインストール済みRubyバージョンを確認

$ ruby -v

ruby 2.0.0であることを確認。

最新バージョン 2.3.1をインストール

$ rbenv install 2.3.1

デフォルトで利用するバージョンを指定

$ rbenv global 2.3.1

$ ruby -v

ruby 2.3.1であることを確認

インストールディレクトリ確認

$ which ruby

~/.rbenv/shims/ruby

Railsチュートリアルで使用するバージョン2.2.1をインストール

$ rbenv install 2.2.1

インストール済みで利用可能なrubyのバージョンを確認

$ rbenv versions

2.2.1 と 2.3.1 が表示されていることを確認。

system
2.2.1
* 2.3.1

ローカルディレクトリにRails環境を構築

ワークスペースディレクトリの作成

Railsプロジェクト用のワークスペースディレクトリを作成。

(Railsプロジェクトは今後、~/rails_wkspディレクトリ下に作成予定のため)

$ mkdir ~/rails_wksp

$ cd ~/rails_wksp

Railsチュートリアル実施用ディレクトリ作成

※新規Railsアプリケーション開始時は基本的にここから実施。(別バージョンのRubyを使用する場合は、Rubyのインストールから実施。)

Railsチュートリアル実施のため、Railsアプリケーションを開発するためのディレクトリを作成。この環境にRuby2.2.1を適用。

$ mkdir ~/rails_wksp/sample_app

$ cd ~/rails_wksp/sample_app

以降、本ディレクトリで作業実施。

使用するRubyのバージョン 2.2.1を指定。

$ rbenv local 2.2.1

$ ruby -v

ruby 2.2.1を確認。

$ rbenv versions

以下を確認。

system

* 2.2.1

  2.3.1

Bundlerをインストール

Railsで使用するGemを各プロジェクト毎に管理するため、bundlerのインストールを行う。bundlerはgemの管理システムであり、bundler自体もgemの一種。

RubyGems => gemをインストールするためのアプリケーション(ただしシステム全体に影響してしまう)
bundler => プロジェクトごとに使用するgemやgemのバージョンを設定できる(システム全体に影響しない)

$ rbenv exec gem install bundler

Successfully installed bundler-1.13.6

$ rbenv rehash

Bundlerを使用し一時的にrailsをローカルにインストール

Railsアプリケーションを作成するために一時的にrailsをローカル(sample_app下)にインストール。

  • Gemfile作成
    どんなRubyのライブラリ(gem)を使うのかを示すGemfileを作成
    $ rbenv exec bundle init
    作成されたGemfileをの「# gem "rails"」の箇所をエディタで変更

    source "https://rubygems.org"

    # gem "rails"
    チュートリアルで使用するRailsのバージョン4.2.2を使用するよう以下に変更。
    gem "rails", "4.2.2"

  • Railsのインストール実施
    $ rbenv exec bundle install --path vendor/bundle
    Installing rails 4.2.2
    Bundle complete! 1 Gemfile dependency, 35 gems now installed.
    Bundled gems are installed into ./vendor/bundle.
    補足:オプション「--path vendor/bundle」を付けることによりgemは、アプリケーション限定の領域(vendor/bundleディレクトリ)にインストールされる。(オプションがない場合、Mac全体で共有される領域にインストールされる。)
    システム全体で共有される領域へgemをインストールしても、管理されていれば基本的に問題はないが、依存問題等のリスクを考慮し、アプリケーション毎に隔離独立していることを担保することとした。
  • 以下作成を確認

    $ ls

    Gemfile Gemfile.lock vendor
    補足:vendorディレクトリ下に、「vendor/bundle/ruby/2.2.0」のファイルがあるが、末尾のバージョン(tiny)は無視されているようですので、2.2.0 〜 2.2.x でも .../2.2.0 になる模様。

Railsアプリケーションの新規作成

先にbundleでインストールしたgemパッケージを利用し、Railsアプリケーション「sample_app」を作成。なお、すでに作成済みの「sample_app」ディレクトリをアプリケーション名とするので、「rails new アプリケーション名」は「rails new .」とする。

  • Railsアプリケーションの新規作成
    $ rbenv exec bundle exec rails new . --skip-bundle
    先に一時的に同一ディレクトリでrailsをインストールしているため、以下のようにGemfileの上書きの確認がされるが、許可を実施。

        conflict  Gemfile

    Overwrite /Users/s-asano/rails_wksp/sample_app/Gemfile? (enter "h" for help) [Ynaqdh] Y

           force  Gemfile

    補足:bundleでインストールしたgemパッケージを利用するため「bundle exec」というプレフィックスを指定。そして、bundle installが発動し現在有効なrubyrailsがインストールされないよう「--skip-bundle」オプションを指定。(後述の「Railsアプリケーションの環境セットアップ」で実施。)
  • 以下、生成を確認。

    $ ls

    Gemfile Rakefile config lib test

    Gemfile.lock app config.ru log tmp

    README.rdoc bin db public vendor

Railsアプリケーションの環境セットアップ

  • 必要に応じてsample_appのGemfileの内容を編集
  • Railsの標準gemのインストール実施。「--path vendor/bundle」オプションをつけ、アプリケーションに閉じた状態でGemをインストール
    $ bundle install --path vendor/bundle
    Installing rails 4.2.2
    Bundle complete! 12 Gemfile dependencies, 56 gems now installed.
    Bundled gems are installed into ./vendor/bundle.
    これにより、Rails(及び関連Gem)が、新規作成Railsアプリケーションのvender/bundleディレクトリ以下にインストールされる。

Railsアプリケーションの起動

  • Railsアプリケーションを起動
    $ bundle exec rails server
    railsやrakeといったコマンドを実行する際は、bundle exec を介する必要がある。
  • ブラウザを立ち上げ、アドレスバーに「http://localhost:3000」を入力しRailsの初期画面が表示されることを確認。


その他

Gitの管理対象について

容量、復元の容易さの観点から、vendor/bundle ディレクトリはGitの管理対象から を外す。

全てのgemのアンインストール方法

$ gem uninstall -axI `gem list --no-versions | egrep -v 'test-unit|rdoc|psych|minitest|io-console|rake|bigdecimal|json'`

不要になったRubyのアンインストール

$ rbenv uninstall -f 2.2.1

$ rbenv rehash

 

参考サイト

以下のサイト様の情報を参考にさせていただきました。感謝いたします。